伝統芸能 会津彼岸獅子 「下柴彼岸獅子舞」の衣裳にミシン刺繍を施してお仕立てしました。

福島県指定重要無形民族文化財 下柴彼岸獅子舞 保存会様より
「三獅子の上着を刺繍で復活させたい」とのご依頼をいただきました。

下柴彼岸獅子舞 HP http://higanjishi.com/

ご依頼いただいたのは三獅子(太夫獅子雌獅子雄獅子)の上衣と袴三腰でした。

東北出身の職人がこのプロジェクトに参加したいと早速解体して「下絵」を担当しました。

弊社刺繍職人の手作業による横振りミシンです。絵を描くように滑らかに仕上げていきます。
太夫獅子の刺繍が完成しました。

袴の刺繍部分の完成です。
そして弊社職人により仕立ました。

踊り人の方より先に手を通すわけにはいきませんので人形に着せて完成したものを撮影しました。

袴の染め以外は全て弊社職人が作業をさせていただきました。

直接担当した者だけでなく全社員が、東北の地で華麗に舞い踊られることを思い浮かべながら
楽しくこの時間を共有できました。感謝申し上げます。

弊社をご指名頂きました下柴彼岸獅子団の役員の皆様に厚く御礼申し上げます。