牛車道

営業の清枝です。

先日伺ったお寺様に【牛車道】というものが境内にありました。

このお寺様は滋賀と京都の県境、旧東海道に隣接しています。

江戸時代、琵琶湖運水を利用し運ばれてきた荷物は、東海道で牛車に積替えられ近畿各地に運ばれていきました。

その工程の中で大津―京都三条が整備され、牛車が通るように、その幅で石畳を敷き、往来を円滑にしていたようです。

明治時代には撤去されたそうですが、復元されたとのことです。