暑い季節にこそ

お世話になります。

営業の大塚です。

7月に入り、高温多湿で過ごしにくい日々が続いており刻一刻と夏が近いております。

先日お伺いさせていただいたお寺様より、こんな暑い日にこそ温かいお茶を飲むことをお勧めしていただきました。

その理由をお伺いすると、「暑い日が続くと冷たい飲み物を飲む機会が多くなり、冷たい物は内臓器官の働きを低下させる。それが、結果として夏バテなどに繋がる為、温かいお茶を飲むことで、器官の機能回復をはかっているのです。」と教えていただきました。

また、汗を引かせる効果もあるかもという一説も教えていただきました。

冷たい物に走りがちですが、今年は定期的に温かいお茶を飲み、暑い夏を乗り切りたいと思います。